ウォーキング

女性ホルモンとアンチエンジング

いつまでも若々しい肌や体を保ちたいと願う女性の間ではアンチエイジングが話題となっています。
アンチエイジングは紫外線や活性酸素、加齢などからくる老化を防ぎ若々しい体を保つことです。
紫外線や活性酸素から老化を防ぐにはスキンケアや食事などが大切になりますが、加齢による老化を防ぐには女性ホルモンが大きく関係しています。

女性ホルモンには生理前に分泌されるプロゲステロンと整理後に分泌されるエストロゲンの二種類があります。
生理前にニキビや肌荒れといった肌トラブルはプロゲステロンの分泌が増えるからです。
逆に生理後はコラーゲンを増やす働きのあるエストロゲンの分泌が増えます。
この二つの女性ホルモンのバランスによって、女性らしい体や美肌を作っているのです。

過度のストレスや偏った食事、乱れた生活習慣などによって女性ホルモンのバランスが崩れると、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルや生理不順、不正出血といった体調のトラブルを引き起こす原因となります。
また年齢と共に女性ホルモンの分泌は減少するため、更年期になるとシミやシワが増える、骨がもろくなるといった老化現象が進んでいくのです。

減少する女性ホルモンを増やすことはアンチエイジングに効果を発揮します。
現在ではアンチエイジングに対する関心が高いため、サプリメントや化粧品などエストロゲンを含んだ商品が多く販売されています。
エストロゲンを含んだ化粧品でスキンケアすることで、不足してしまったコラーゲンの生成を促進してハリのあるみずみずしい肌を作ってくれます。

また植物性エストロゲンを含んだ食事を摂ることで、減少した女性ホルモンを補うことができます。
植物性エストロゲンを多く含む食材には大豆製品がよく知られています。
豆腐や納豆の他にも味噌やしょう油などの調味料含まれています。
食生活を和食中心に変えるだけでも植物性エストロゲンを摂ることができます。
その他にも卵やカボチャ、キャベツなどに含まれているため毎日の食事に摂りいれることで補うことができます。
エストロゲンと似た働きのあるプエラリアやプラセンタなどのサプリメントも販売されていますが、副作用が気になる人は食生活の改善から始めてみてはどうでしょうか。