ウォーキング

タンパク質とアンチエイジング

タンパク質といえば肉や魚、卵などに多く含まれている成分でダイエットにはNG食材としてあげられますが、美肌を作るには必要な栄養素です。
せっかくダイエットをしてきれいになろうとしても肌がボロボロでは台無しです。
人間の体は殆どがタンパク質で作られています。
タンパク質はコラーゲンの材料となるため、若々しく弾力のある肌を保つには良質のタンパク質が必要なのです。

体のタンパク質の約3割はコラーゲンが占めています。
タンパク質が不足するとコラーゲンが減少するため肌のハリや弾力が失われます。
さらに肌のターンオーバーが乱れ肌荒れや乾燥といった肌トラブルを引き起こします。
また年齢を重ねることでもコラーゲンは減少するためシワやたるみ、くすみといった肌の老化が進むのです。
アンチエイジングのためにも良質のタンパク質を摂ることは大切なのです。

タンパク質は肉や魚、卵、大豆製品に多く含まれていていますが、ただ肉を食べればいいということではありません。
重要なのは「良質なタンパク質を摂る」ということです。
なぜなら肉の油には飽和脂肪酸が含まれているため、摂り過ぎると悪玉コレステロールが増えて逆効果になります。
肉ならばタンパク質が多く低カロリーの赤身、鶏ささみ、ラム肉などを選ぶとよいでしょう。
また魚や貝類などもタンパク質が多く低カロリーです。
大豆製品もタンパク質が多く低カロリーですが、必須アミノ酸の一部が不足しているため他の食材と一緒にとるとよいでしょう。

タンパク質は美肌を作る三大栄養素の一つで、他にビタミンAとビタミンCがあります。
ビタミンAは緑黄色野菜やうなぎ、レバーに多く含まれていて肌細胞を守り、傷ついた粘膜を再生してくれます。
ビタミンCは果物や根野菜に多く含まれていてメラニンの生成を防いで肌を白くしてくれます。
これらの栄養素をバランスよく摂ることでターンオーバーを整えて、若々しく弾力のある肌を作り出すことができるのです。
たんぱく質やビタミン類を食事から摂ることが理想的ですが、難しい場合はサプリメントや美容点滴から摂ってみてはいかがですか?
アンチエイジングに良い美容点滴とは何か?
こちらに詳しく解説されています。